バティで村松邦男

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。

確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。

また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。

まれな症例として、患者の死亡例も実際にあります。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。
和麹づくしの雑穀生酵素は人気ありますね!その秘密を徹底調査!

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

本当に選りすぐりのインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けるということも考えていきましょう。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です