小笠原で川竹道夫

インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けることも考えるべきです。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めるのが成就への第一歩です。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。

残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
ライザップの評判!本当に痩せるのか?

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です