ハシボソガラスだけどたっちゃん

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。

一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

まずは歯科医に全て話しておきましょう。

様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

薬用ポリピュアEXっていいね!
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。

なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です