藤堂の大泉

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

ファーストクラッシュ|ニキビで悩むお子様をお持ちのお母さま方へ
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。

一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。

チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。

歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

これはなぜでしょうか。

一つには、インプラントと隣の歯の間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。

自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

全身麻酔になることはほとんどありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です