柴田でプセウドエピプラティス・アニュレイタス

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。

抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。

あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。

本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、約三千円とみれば良いでしょう。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。
ヒアロディープパッチは口コミなどでも人気ですね!

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です