前が澪(みお)

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技を欠かすことは出来ません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。

歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。

代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

ネックエステミストが口コミや雑誌で評判ですね!
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です