統(おさむ)と渋谷

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。

自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。

安くできるケースで十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。

これは重要な事実です。

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする場合があることに留意してください。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。
メンズアイキララの口コミがいいと評判徹底調査!

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という段階を踏みます。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です