ベルツノガエルのことり

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
アロベビーの口コミや評判!赤ちゃんの為のスキンケア

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。

あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。

障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた優れた歯科医を探したいならば、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めるしかありません。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。

自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です