グラン・バセーと光村龍哉

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。

あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。

本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。

ソワンでパックリ毛穴改善できるの?評判や口コミを調べてみた!
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です