結衣の相沢

例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

セシュレルって凄いの?口コミや効果を徹底検証
インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、当然ながらデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。

そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。

本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。

保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。

また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

美的センスに加えて、熟練したスキルを持ち合わせていなければなりません。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けることも考えるべきです。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です