あやちだけどリッカ

長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。
レッドスムージーってどう?口コミや効果を徹底検証!!

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。

自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

技術の進歩した今では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院ごとにずいぶん違っています。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。

インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。

今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です