のぶちんの文(あや)

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。

コーセー米肌って凄いの?口コミや効果を徹底検証
それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始はできる状況になっています。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。

自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です