八代と前田

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。

定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話もままあるようです。

そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

エレアリーナイトブラの口コミや効果を徹底検証!
一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。

日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です