小黒で猪俣

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。
ブリアン歯磨き粉で虫歯菌除去?ブリアン歯磨き粉の効果は本当か?

どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。

それは違います。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。

最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です