みっちょんだけど森沢

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。
ジュエルレインって凄いの?口コミや効果を徹底検証

別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。

ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。

今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です