三谷の浦田

インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。

とうきのしずく(透輝の滴)効果や口コミを徹底検証
根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です