安原とHill

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

ソワンでパックリ毛穴改善できるの?評判や口コミを調べてみた!
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。

自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です