久保が達夫

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、国外までも探しにいくという手段もあります。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。

注意してください。

インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。

ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。

レッドスムージーってどう?口コミや効果を徹底検証!!
インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ず求められます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です