なっちょだけどなばっち

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。

ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。

入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。

そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
雲のやすらぎプレミアムってよく売れているみたいですね?

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。

確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です