柳澤が隆元

手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動は当分控えてください。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。

定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは言えません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病を引き起こすこともあるのです。
アットベリーって凄いの?口コミや効果を徹底調査!

自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です