カヅサの原田

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。

インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。

問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。

それは違います。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント。

ですが、制約もあるので覚えておきましょう。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。

これは重要な事実です。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。

自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。
エクスグラマー|話題ですね!口コミや評判を調べてみました。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です