Woodの伊原

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。

今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

最近話題になることも多いのがインプラントです。

しかし、気に留めておくべきポイントがあります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。

他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。

典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

善玉元気ってどうなの?口コミや効果を徹底解析!
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です