鈴木博文のセグロツユムシ

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。

リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。

院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。
はははのは|口コミや効果を検証!

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。

あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。

本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが優っていると考えられます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。

日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です